" 残価設定型自動車ローンのデメリットをカバーする

車の高額売却を頑張って残価設定型ローンのデメリットをカバーする

残価相当額が最終回まで据え置かれるため金利負担の大きくなることが残価設定型自動車ローンの最大のデメリットです。

このデメリットをカバーするためには様々な考え方があるでしょうが、わかりやすくて効果が大きい方法は、下取り車をできるだけ高額で売ることによって頭金を確保するというやり方です。

ディーラーおススメの残価設定ローンだからといって、下取り車をディーラーに出す義務はありません。

下取り車を車買取り業者の一括査定にかけてできるだけ高く売ることに努めます。

下に紹介する代表的な無料一括査定を、二つあるいは三つ使ってできるだけ多くの車買取店に査定額の競争してもらい高額査定を目指します。

たとえばディーラー下取り査定が60万円の車を買取業者に90万円で売れるとすれば、それを頭金にして残価設定ローンの総額を30万円も減らすことができます。(90万円-60万円=30万円)

ディーラーでは値が付かない古い車や多走行車ならなおさらのこと、下取りに出すのは止めて必ず一括査定で車買取り業者に売却します。

走行10万キロ超の古い車でも海外向けに30万円で売れた、40万円で売れたなどという実例が数多くあり、古い車だからといってあきらめてはいけません。

たとえ5万円、10万円でもその分ローン総額を減らせるのですから時間をかける価値は充分あります。

<使いやすくておススメの無料一括査定>

■かんたん車査定ガイド
 入力は1分以内。申込み直後に取引実績に基づく概算価格がわかるのも便利です。
                   詳細はコチラ こちら かんたん車査定ガイド

■ズバット車買取比較
 大手を含む100社以上から厳選された8社に一括で査定依頼することができます。
                    詳細はコチラ こちら ズバット車買取比較

■カーセンサー.net
 車情報誌カーセンサーの一括査定。査定する業者の指定が可能。
              詳細はコチラ こちら カーセンサー.net簡単ネット査定


■下取り車がない場合

一括査定にかける下取車がない場合は、残価設定ローンの車を乗り続け、ローン満期の少し前になってから上と同様に一括査定で高額売却を狙うというやり方があります。

「残価」はディーラーの下取査定基準によって決められますので、車買取業者を競争させればディーラーの残価を上回る査定額が充分期待することができます。

そしてローン残額をその売却代金で清算して車を売却します。→残価設定ローンの車を売却

ローン満期に車を返して清算するのではなく残高を一括払いしてローンを清算するのです。

清算しても余る現金を次の車の購入の頭金にして新しい残価設定型ローンの借り入れ総額を減らします。

もし査定額が清算に必要な金額に満たない場合は満期まで乗らなければなりませんが、もともとディーラーより査定相場が高い車買取業者を競争させるのですから、試してみる価値は充分あると思います。

<当サイトのメニュー>
ホーム車の所有権が誰か確かめる残債のある車は高額査定を目指せなぜ買取店の方が高く売れるのか
査定が残債額に届かない時は?上乗せローンの注意点カードローンと自動車ローンローンの引継ぎはできるか
残債のある状態で所有権解除残価設定型ローンとは残価設定型ローンの注意点残価設定型ローンのデメリット
残価設定型ローンの車を売るリンク集1リンク集2リンク集3



このページの先頭へ