" 残価設定型自動車ローンのデメリット

残価設定型自動車ローンにはデメリットもある

残価設定型自動車ローンはそのメリットが強調されがちですが、一方でデメリットがないわけではありません。

その最もわかりやすいのが、3年後あるいは5年後の車の評価がどうなるかということでしょう。

最近は残価が保証されるというタイプもあるようですが、車がどんな状態になっても保証されるわけではなく、通常の使用でつく傷よりも大きいキズや凹みがあれば当然に評価額が低くなり、差額の支払いが出てくる可能性があります。

また走行距離も標準とされる年間1万キロを大きく上回るようであれば評価に影響するかもしれません。

次に注意したいデメリットは、通常のローンよりも支払総額が大きくなることです。

残価設定型自動車ローンは残価相当額がローン支払の最終回まで据え置かれますが、当然ながらこの残価相当額にも金利がかかり、全体としては通常のローンより支払い金利が大きくなるのです。

ローン会社にとっては通常のローンより旨味があるでしょうが、車購入者にとっては月々の金利負担が大きくなるということになります。

「私ならすすめない」という業界の方がいるのもこの支払金利が大きくなることからのようです。

また、残価設定型自動車ローンだと、新車値引きが小さかったり、販売店の融通が利きずらかったりということもあるといわれています。

ローン自体が割安感をウリにしていることから新車の値引きが渋かったり、メーカーによっては車種が限定され自分の好きな車が選べないということもありえます。

3年後、5年後の新車乗り替えの場合も、同じメーカーの車でなければ乗り替えできないという制約もあります。

トヨタ車を一定期間で新車に乗り替えているとか、ホンダファンで本田車にしか乗らないなどという方にはピッタリのローンかもしれませんが、通常の場合は従来型のローンに比べてお得になるとは言い切れないようです。

自分のライフスタイルから見て果たしてお得なのかを通常のローンとよく比較し、身長に選んだ方がいいと思います。

<当サイトのメニュー>
ホーム車の所有権が誰か確かめる残債のある車は高額査定を目指せなぜ買取店の方が高く売れるのか
査定が残債額に届かない時は?上乗せローンの注意点カードローンと自動車ローンローンの引継ぎはできるか
残債のある状態で所有権解除残価設定型ローンとは残価設定型ローンの注意点残価設定型ローンのデメリット
残価設定型ローンの車を売るリンク集1リンク集2リンク集3



このページの先頭へ