残価設定型自動車ローンのしくみと通常のローンとの違い

「月々の支払額が少なくできる」「ワンランク上の車が手に入る」などの触れ込みで残価設定型自動車ローンの宣伝が目に付くようになっています。

トヨタ、ホンダ、日産など各メーカーも力を入れ始めていますし、最近ではオリコなど大手クレジット会社の残価設定型ローンの広告も目にするようにまりました。

この残価設定型自動車ローンというのは一体どんなしくみになっているのでしょうか。

簡単に言えば、車購入代金から3年後あるいは5年後の下取り額(残価)を差し引いた金額を月々分割払いするという形の自動車ローンです。

3年ローンであれば、たとえば新車価格が300万円の車の3年後の「残価」を150万円に決め、残価150万円以外の分(300万円-残価150万円=150万円)を3年間のローンで支払うというものです。

3年間の支払は残価を差し引いた分だけですので、分割により毎月の支払いが少なくなるのが特徴であり、メリットであるとされています。

残っている残価はどうなるのだろうか、支払わなくても良いのかという疑問が浮かんでくると思いますが、3年後には次の三つのうちから選んでローンをチャラにすることになります。

・ディーラーで新しい車に乗り替える
  残価設定ローンを組んだ会社で新車に買い換える。当然新しい車も残価設定ローンが可。

・車をディーラーに返す
  最終回の支払い時に車を返してチャラにする方法。

・現金か新しいローンで車を購入する
  現金一括払いか新しいローンで車を自分のものにするという方法

このようにしてみると、メーカーが残価設定型ローンに力を入れるわけがわかるような気がします。

3年後、5年後もまた同じメーカーの新車を購入すれば引き続き残価設定型ローンの月々の支払で新車に乗ることができます。

メーカーはこれを狙っているのでしょう。

でも3年後、5年後の車の評価額がどうなるのかという不安も残るような気がします。

残価を保障するタイプもあるようですが、中古車の相場は予測できがたい面があることから、何か危なっかしいものを感じます。

プロの方々の中には「私だったら勧めません」とか「まともなセールスだったらすすめません」という方も居られます。

3年後、あるいは5年後の評価額という不確定要素を「残価」として設定することに違和感を感じるのは私だけでしょうか。

<当サイトのメニュー>
ホーム車の所有権が誰か確かめる残債のある車は高額査定を目指せなぜ買取店の方が高く売れるのか
査定が残債額に届かない時は?上乗せローンの注意点カードローンと自動車ローンローンの引継ぎはできるか
残債のある状態で所有権解除残価設定型ローンとは残価設定型ローンの注意点残価設定型ローンのデメリット
残価設定型ローンの車を売るリンク集1リンク集2リンク集3



このページの先頭へ