" ローンを引き継がせる車の売却はいけない

ローンを引き継がせて車を個人売買できるか

ローンを引き継がせて車を売ることができるのかという質問をネットで時々見かけます。

ローンを組んだ状態のまま個人売買で車を売却し、ローンの支払を売却相手に肩代わりさせられるのかという趣旨だと思います。

二つのケースに分けて考えて見ましょう。


■車がローンの担保になっていない場合

銀行のマイカーローンなど信用貸しの自動車ローンで車が担保になっていない、つまり車検証の「所有者」が自分名義になっている場合です。

この場合は、車の名義が自分なわけですからローンの途中でも個人売買は可能です。

手続きをすれば名義変更も行うことができます。

ただしローンをがそのままだと車はなくなったがローンの支払は残るということになります。

「ローンを引き継がせて」というのは、この支払い相当分を毎月売却相手から受け取るという意味なのでしょうか。

この形、やろうと思えばできるのでしょうが、決しておススメできるやり方ではありません。

どんな親しい相手でも売却後に何が起こるかわからないからです。

悪意がなくても、たとえば相手が事故で怪我をしたりなくなったりして支払いができなくなったらどうなるでしょう。

廃車になった他人の車のローンを自分がせっせと支払うということになるかもしれません。

プロの方は、このようなやり方は「家族間でもやらない」と言います。

親しい知人の場合でも個人売買のときはきちんと区切りをつけ、購入側のローンは購入側の責任で組むべきです。

最近は個人売買に対応した自動車ローンも増えていますし、それが難しければ銀行カードローンという便利なフリーローンもあります。

まあ、相手の現金調達方法におせっかいはできないかもしれませんが、ともかく売却代金は現金で受け取ることです。

購入者側には、販売店のマージン無し、消費税無しというメリットがあるのですから、せめて今のローンを清算できる売却価格にし売却代金で自分のローンを完済してしまうというのが一番スッキリしていいでしょう。


■車が所有者がローン会社あるいはディーラーになっている場合

ディーラーでローンを組み、車検証の「所有者」がローン会社あるいはディーラーになっている場合は、車がローンの担保になっているということであり、勝手に車を売却できません。

ローンの支払いをしていればわからないではないかという方も居られるようですが、れっきとした契約違反であり、わからなければいいというものではありません。

上で述べたようなリスクがありますし、そもそも名義変更をどうするのでしょか。

名義変更無しで自動車税支払も車検もみな相手方に代わってやってあげるのでしょうか。

これでは売却したとは言えませんよね。

もしばれれば、契約違反でローン会社から一括返済を求められ、以後要注意人物のマークが付けられることになります。

コチラで述べたように、このようなローンの残っている車の場合は、面倒でも必ず名義を自分のものにしないと個人売買であろうとクルマ買取店であろうと売ることはできません。

<当サイトのメニュー>
ホーム車の所有権が誰か確かめる残債のある車は高額査定を目指せなぜ買取店の方が高く売れるのか
査定が残債額に届かない時は?上乗せローンの注意点カードローンと自動車ローンローンの引継ぎはできるか
残債のある状態で所有権解除残価設定型ローンとは残価設定型ローンの注意点残価設定型ローンのデメリット
残価設定型ローンの車を売るリンク集1リンク集2リンク集3



このページの先頭へ