自動車ローンと銀行系カードローンの違いやそれぞれのメリット

■自動車ローンの特徴とメリット

自動車をローンで購入する時、まずは車専用のローンである自動車ローンの利用を考えるのが普通です。

自動車ローンは車専用にローンの用途を限定することで金利を低めにしています。

また、購入する車を担保にすることによって審査も通りやすいものにしています。

ローンが終了するまで車の所有権をローン会社の名義にして車を担保にとっているわけです。

自動車ローンは「オートローン」「自動車ローン」「マイカーローン」などと金融期間によって様々な名称がつけられています。

新車購入の場合は、メーカー系のファイナンス会社や信販会社が提供するローンを組むことが多いと思いますが、この場合は提携しているディーラーが手続きのほとんどをやってくれます。

その代わり、金融機関のマイカーローンより金利が高く支払総額が大きくなるのがデメリットです。

ディーラーで組むローンは、ローンが終わるまで車の名義が購入者のものにならない契約がほとんどで、ローンの途中で車を売却したいと思っても勝手に売却はできません。

ローン中に売却する場合は、ローンの残債を完済して所有権を解除する必要があります。


一方、銀行などの金融機関の自動車ローンは、信販会社などのノンバンクより金利が安いため支払総額を低くすることができます。

当然ですが、ディーラーは銀行での申込みなどに一切関与しないため、手続きはすべてを契約者が行わなければなりません。

銀行のカーローンはいわゆる信用貸しであり信販会社等のローンのように車が担保になっていませんので、ローン途中であってもローンの清算をせずに車を売却することができます。

ハードルは高くなりますが審査が通るようでしたら金利の安い銀行等のカーローンの方がおススメです。


■銀行カードローンの特徴とメリット、デメリット

フリーローンの一つである銀行系カードローンは自動車ローンの審査が通らないときの選択肢の一つになるかもしれません。

ディーラーの営業マンが「最近ウチで自動車ローンを組まない人が増えている」とこぼしているのをネットで見たことがありますが、現にディーラー用意のローンでなく銀行カードローンで新車を購入するというケースが増えているようです。

確かに限度額200万円あるいは300万円のカードローンであれば、新車を買えちゃいますよね。

この銀行系カードローンで購入した車は初めから自分名義の車ですので、ローン期間中に車を売る場合でも柔軟に対応することができます。

自動車ローンと比べてみれば、

・保証人が必要なことも多い自動車ローンと違って保証人不要

・審査に時間がかからない

・来店不要でネットだけで承認手続きができる

などのメリットがあります。

有名な大手銀行が運営するカードローンですので、初めて利用する場合でも抵抗なく契約できるでしょう。


<当サイトのメニュー>
ホーム車の所有権が誰か確かめる残債のある車は高額査定を目指せなぜ買取店の方が高く売れるのか
査定が残債額に届かない時は?上乗せローンの注意点カードローンと自動車ローンローンの引継ぎはできるか
残債のある状態で所有権解除残価設定型ローンとは残価設定型ローンの注意点残価設定型ローンのデメリット
残価設定型ローンの車を売るリンク集1リンク集2リンク集3



このページの先頭へ