上乗せローンは近年になって可能になった方法

これからお話しする「上乗せローン」は、一頃までは絶対に承認されないやり方だったそうです。

近年になって、一定の制限付きで一部のローン会社などで可能になっているということです。

たとえば、残債額60万円に対し車査定額が40万円の場合、差額の20万円を次の車のローン総額200万円に上乗せして220万円のローンを組むというやり方です。

ローン残額と査定額との差が比較的小さい場合はこの方法もアリなのかもしれません。

ただし、問題は、ローン会社によって上乗せローンの取り扱いが様々だということです。

上乗せローンそのものを受け付けないところもありますし、受付はするが上限を設けているところもあるようです。

新車ディーラーなら提携しているローン会社のことですから、その辺の詳細はわかるでしょうから、事前に聞いてみるのがいいでしょう。


また、似ているようでちょっと違う話になりますが、自動車ローンを組む時に社外品オプション費用などを見込んで車購入費より多めに借りられるのかという問いかけも結構多いようです。

結論を先に言えば「NО」なのですが、メーカーオプションやディーラーオプションなら車体価格に組み込まれますのでOKです。

当然といえば当然ですが、全くの社外品であればその費用を上乗せしてローンを組むことはできないということになります。


<当サイトのメニュー>
ホーム車の所有権が誰か確かめる残債のある車は高額査定を目指せなぜ買取店の方が高く売れるのか査定が残債額に届かない時は?新車のローンへ残債分を上乗せするカードローンと自動車ローンローンの引継ぎはできるか残債のある状態で所有権解除残価設定型ローンとは残価設定型ローンの注意点残価設定型ローンのデメリット残価設定型ローンの車を売る



このページの先頭へ