" 残債のある車の所有権を確かめる

車の所有者名義を車検証で確かめる

残債がある車を売却使用とする場合、まず最初に行わなければならないのは、車の所有権の名義が誰になっているのかの確認です。

車検証(自動車検査証)には「使用者」と「所有者」の欄がありますが、「使用者」があなたになっていても「所有者」がクレジット会社などになっていれば、車がローンの担保になっており名義がまだあなたになっていないということです。

「使用者」も「所有者」もあなたの名義になっていれば、残債があってもその車を自由に売却することができます。

さて、所有権がクレジット会社などになっている場合ですが、車を売却するにはローンを完済・清算して所有権をあなたの名義にしなければ、その車を売却することができません。

順序だてて言えば、ローンの残債を完済して所有権をあなたに移し、車をあなたのの名義にしてから売却するということになります。

しかし、実際には車買取店が買取り額とローン残債を相殺させるかたちで所有権移転と買取りを一緒にやってしまうのが通常です。

つまり車買取店は一時的な立替えでクレジット会社等のローンを清算し、その車を査定・買取りしているということです。

前もって現金でローンの残債をクレジット会社等に返済し名義変更を済ませてから、車買取店に査定・買取りしてもらうということではありませんのでご安心を。

車買取店は、買取りを円滑に行うためにこのような一時立て替えや所有権移転手続き代行のサービスを行っているのです。

ですから、ローンの残債がある車でも、このようなサービスを利用して通常の車と同じように売却することができるのです。


■個人売買の場合は自分で清算、移転手続きを行う

個人売買で残債のある車を売る場合は、ローン会社(クレジット会社)への返済による所有権解除を自分でやらなければいけません。

完済に現金が足りなければ個人売買用のローンなどを利用してローンを清算し、自分の名義にしてから売却すると言うことになります。

清算のための現金も必要、手続きも自分で行わなければならないということで、なかなかハードルの高いことになってしまいますが、し方ありません。

ローンを引き継ぐような形で個人売買する例もあるようですが、後々トラブルになるリスクがあるので行うべきではありません。

プロの方は、自分の家族の間でもそのようなことはしないといいます。

そもそも、残債のある車は個人売買には向いていないということですね。


=車についてのお得な話=
多走行車の買取査定のねらい目はズバリ海外向けです。
国内では値の付かない多走行車が海外ではとても喜ばれます。
走行10万キロ超えの車を専門に探している輸出業者までありますよ。

<当サイトのメニュー>
ホーム車の所有権が誰か確かめる残債のある車は高額査定を目指せなぜ買取店の方が高く売れるのか
査定が残債額に届かない時は?上乗せローンの注意点カードローンと自動車ローンローンの引継ぎはできるか
残債のある状態で所有権解除残価設定型ローンとは残価設定型ローンの注意点残価設定型ローンのデメリット
残価設定型ローンの車を売るリンク集1リンク集2リンク集3



このページの先頭へ